はじめに

株式会社ブルーフィールドコンサルティング

梅雨があけた夏の頃、苗から育って間もないけれど生命力に満ちた稲が青々と育ってきた田んぼを「青田」と呼びます。

「ブルーフィールドコンサルティング」という名は、そんな「青田」のような、生命力に満ちたベンチャー企業たちが多く実る場を、志をともにする皆さんとともに作りあげたい、という願いを込めて名付けました。

私たちは、スティーブジョブズのような、新しい時代、新しい世界を切り拓くベンチャー起業家、イノベーターたちが、この日本にあふれることを夢見つつ、そんな皆さんの「黒子」でありたいと思います。

ベンチャー起業家、イノベーターたちが、器としての会社をドライブをかけて成長するにあたっては、成長に伴う変化を積極的に受け入れつつ、その基盤としての組織を作りあげ、さまざまな後戻りのきかない重要な意思決定をしなければなりません。

そして、ドライブをかけた成長をしたいとすれば、株式上場はきわめて有力な手段の一つです。

私たちは、そのような、株式上場を視野に入れつつ成長をドライブさせたいベンチャー起業家、イノベーターたちを、新しい世界を切り拓きたいとの志をともにする「黒子」として、全力で支援いたします。

株式会社ブルーフィールドコンサルティング
代表取締役 豊田 基嗣

1.私たちが株式上場準備をお手伝いするにあたってのサービスポリシー

その企業がより成長するためにはいかにあるべきか
私たちは、株式上場とは、企業がより成長・発展し、社会に貢献するためのしくみだと考えております。
したがって、クライアントの皆さまへのすべてのサポート、アドバイスは、「その企業がより成長するためにはいかにあるべきか」をつねに念頭において行います。
経営陣の皆さまの事業に対する思い、考え方を深く理解し、共感すること
私たちのサポート、アドバイスを行うにあたっては、経営陣の皆さまの事業に対する思い、考え方を深く理解し、共感することがとても重要であると考えております。 株式上場準備を進めることは、さまざまな面で会社の形、あり方を変えていくことでありますが、どのように変わるべきかという判断基準は、最終的には、経営陣の皆さまの事業に対する思い、考え方にあるためです。したがって、経営陣の皆さまとのコミュニケーションはとても大事であると考えております。
大小さまざまに起こるすべての悩みごとに答えを見つけ、解決すること
私たちは、クライアントの皆さまだけでは解決が難しい場合、適切な答えを上手く見つけられない場合に、解決に導けた時、適切な答えを得られるようにお手伝いできた時にはじめてその真価を発揮したと言えると考えております。 したがって、株式上場準備を進めていく上で大小さまざまに起こるすべての悩みごとに答えを見つけ、解決することが私たちの仕事です。 その一方、クライアントの皆さまで十分にできる仕事(作業)については、できるだけ皆さまで行うのが、今後の成長のためのノウハウの蓄積及びスキルの強化の点において望ましいと考えております。

2.支援サービスの内容

株式上場準備に関するすべての重要な打ち合わせへの出席
 証券会社、監査法人等社外との打ち合わせ含む。随時
取締役会、経営会議等への出席
 ※スケジュール調整必要
上場準備を進める上での悩みごとへのアドバイス
 大小問わず。メール、電話、打ち合わせは必要に応じて
さまざまな文書(審査資料、監査資料等)の作成アドバイス
 原則的には、文書作成そのものは行いませんが必要と状況に応じて対応致します
必要に応じて、弁護士、税理士、社会保険労務士、司法書士、顧問の方等、御社が契約する外部の専門家との連携
監査役、内部監査部門へのアドバイス
 
M&A案件が生じた場合、買収スキーム、買収価額、買収プロセス等に関する、上場審査を踏まえたアドバイス
 株価評価算定書の作成書も、別途料金ですが行います
グループ内企業再編を行う場合、再編スキーム、再編プロセス等に関する、上場審査を踏まえたアドバイス
 

3.具体的なサポート例(参考)

他社で実際に行った主なサポート内容の実例は、次のとおりです。(御社の状況と必要によって、臨機応変に対応いたします)
証券会社対応(公開引受部、営業部)
 
持株会社の最適な設計(キャッシュフロー、税務、経営指導料等の最適化)
グループ内企業再編に関するアドバイス、必要な評価書作成
Iの部の作成支援
従業員持株会の設定サポート
監査法人対応
Ⅱの部の作成支援
資本政策立案
監査報酬、監査計画の評価(無駄を省く)
証券会社への回答案作成支援
IR、PR戦略のサポート
連結の範囲の検討案作成、実行
役員等との取引の解消案作成、実行のサポート
 
海外子会社の往査、チェック、将来にわだっての問題点の抽出
J-SOX対応計画の作成、実行支援
 
関連当事者との取引の把握、関連当事者との取引の解消案支援
オーナーの株式移動(贈与、譲渡)スキームの作成、贈与税等の税務申告
グループ連結月次決算の作成
 
諸規程類の導入スケジューリング、作成支援
競合上場会社との比較分析
グループベースの予算作成
会社法における内部統制に関するアドバイス
 
労務人事に関する最適化のアドバイス、専門家の紹介
中期経営計画の作成支援
 
取締役会、重要な経営会議への出席
最適な役員報酬に関する検討、アドバイス
海外子会社の決算の適正化、予算作成
上場準備スケジュール全休の調整
 
新規事業のビジネススキーム(ビジネスモデル、サービスフロー、契約)の設計
セグメント分けの案作成
 
上場市場の検討案作成
新規事業のマーケティング支援
退職金制度に関する検討
持株会社の設立支援、鑑定評価書の作成、スケジュール作成
M&Aスキーム、実行のプロセスに関するアドバイス、必要な評価書作成
など
 

4.私たちに期待していただけること、期待していただきたいこと

株式上場準備を進めていくと、多くのことがらに関して判断し実行しなければなりません。
しかしながら、会社にとっては初めての経験であることから、どのように判断し、進めていけばよいのか悩むべき局面がどうしても数限りなく生じてきます。そういった場合には、上場準備プロセスと御社の事情の両方をよく理解した誰かから気軽にアドバイスがほしいと感じられることになると思います。
ただし、証券会社には証券会社としての限定された立場と役割、監査法人には監査法人としての限定された立場と役割があるため(だと思われますが)、それらを踏み越えた全体的な観点からのアドバイスを求めることは困難な場合が(経験的にいえば)多々あります。
私たちは、そういった場合、御社にもっとも身近な支援者として、タイムリーかつ適切なアドバイス、サポートを行います。
たとえ株式上場できたとしても、「仏作って魂入れず」のように形だけ上場審査を通過するような体制づくりをしたのであれば、その後の成長に結びつくことはなく、市場の厳しい監視のプレッシャーに耐えられないため、会社にとって結局良いことはありません。
私(豊田)は、株式上場準備のサポートだけではなく、上場会社(東証一部、東証二部)の顧問、監査役(ジャスダック)の仕事も現役で担っていることもあり、上場後の将来から現在をみる観点から、上場後の御社の一層の成長を見据えてアドバイス、サポートを行います。
私たちは、御社が上場することを約束することはできません。
上場の可否は会社自身の業績と市場の環境によってその大半が決まるためです。
しかしながら、私たちにお任せいただけるのであれば、より良き上場、すなわち、将来の一層の成長のための基盤をつくるための上場をしていただけることを約束いたします。
期待していただきたいと思います。
お問い合わせ・ご相談はこちらから